更年期障害(うつ症状、だるい、やる気がおきない)体験談 -㉒

更年期障害(うつ症状)を乗り越えたお母様の体験談です。ご家族の協力があってこそ・ですね。


 

私が高校生の時、37歳になる母が更年期障害を患いました。

 

気が付いたきっかけは、母との会話です。

 

季節は秋ごろでした。
私が帰宅後、いつもはぺらぺらとよくしゃべっている母。

 

なぜかその頃は、口数が減り、友人と遊びに行くこともなくなりました。

 

部屋にこもることが多く、父が話しかけても、

 

「あぁ、そう」
「疲れてるから放っておいて」

 

と話して引きこもってしまいます。

 

そうかと思えば、「具合でも悪いのか?」と父が話しかけた途端、突然「話しかけないで!」と怒鳴ったり…とても情緒不安定。

 

父と私は何か怒らせるようなことをしたのか懸命に考えましたが、特に思い当たることがなく、もやもやとした気持ちのまま日々を過ごしていました。

うつ状態の女性

 

そんなある日。いつも家事だけはしっかりとやってくれていた母が、とうとう家事を放棄。本格的に引きこもってしまうようになりました。

 

これはうつ病なのかもしれない…

 

父と相談して、母を病院に連れて行くことにしました。

 

母を外に連れ出すのが大変そうだなと悩みましたが、病院の話をするとあっさりと承諾。

 

母自身も「体がだるくてめまいがする、何もやる気が起きない」とずっと悩んでいたそうです。

 

色々な科がある病院で診断していただいたところ、婦人科のお医者様に”更年期障害”と伝えられました。

 

更年期障害?!
父や私だけではなく、母も驚いていました。

 

まさか30代で来るような病気とは思っていなかったので…

 

なんでも、最近は30代で更年期障害を発症するかたも珍しくなく、下手をすると取り返しのつかないことになりかねないとのこと。

 

取り返しの付かないことってなんだろう…と思いましたが、その場で聞くことはできませんでした。

 

母はその後、漢方薬を処方していただきました。

 

毎日飲んでいるうちに症状がみるみる改善し、 今ではまたお友達と元気に出かけていくようになりました。

 

42歳になる今は、更年期に悩まされることもなく、またおしゃべりな母に。

 

あの時病院に行っていなかったらどうなっていたのか… 考えるのも恐ろしいですが、今となってはいい思い出です。

(京都府 ミカ様)


 
お母様、良くなられて良かったですね!

それにしても、取り返しのつかないことって一体・・・?

 

サプリの詳細ページへ

トップページへ 

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ