更年期症状の緩和に、アロマオイルってどんな風に効くの?

アロマテラピーに使用する、アロマオイル。(エッセンシャルオイル・精油とも言います)

 

アロマテラピーなんて、匂いを嗅いで、いい匂いがするだけでしょって思っていました。

 

アロマオイル

 

多分、世間的にもそうなのではないでしょうか?

 

アロマのオイルに何らかの作用があるとしても、極々微量で効き方も穏やかだから、やってもしょうがないって、実は私は思っていました。

 

 (ぶっちゃけ、いい香りがするだけで、何の薬効も無いとすら思っていました)

 

しかし、

 

アロマテラピー、アロマオイル(エッセンシャルオイル・精油)には身体にとって、計り知れない改善作用があるのでした。

 

アロマオイル(エッセンシャルオイル・精油)の香りは、脳にダイレクトに作用するのでせす。

 

これの何がすごいかというと・・・?

 

アロマの香りを嗅ぐと、香りは鼻から入り、脳の中の視床下部という部分にダイレクトに届きます。そして、そのすぐ下にある下垂体にも影響を及ぼします。

 

下垂体こそ、卵巣からの女性ホルモン分泌を促すホルモンを出す部分です。そして、視床下部は自律神経に関係する場所です。

 

香りを嗅いでリラックすることで、ホルモン分泌を促し、ホルモンのバランスを取り自律神経のアンバランスも整える効果があるわけです。

 

視床下部はストレス対してとても敏感な部分なのだそうです。

 

ストレスが多いと、ホルモンや自律神経のバランスが乱れるのはこのためです。

 

アロマの香りは、肉体と心の両方に作用します。 前述したとおり香りは脳に働きかけ、ホルモンや自律神経を整えますし、香りは気分のリフレッシュにもなります。

 

匂いをかぐことの副作用もありませんから、ぜひ日常生活に取り入れていただきたいと思います。

 

アロマオイルにはたくさんの種類があり、それぞれに効果・効用があります。

 

どれを選ぶかは、効果・効用をよく見て選んでいただければ良いかと思いますが、まずはリラックスするために、ご自分が心地よく感じる香り、好きな香りのオイルを使ってみてください。

 

(各人によって、心地よいと感じる香りは違います)

 

お風呂に入る女性

 

アロマバスは、更年期症状の緩和と予防にオススメ

心も体もリラックスできるお風呂。

 

アロマオイルをプラスすれば、精油の成分を鼻の粘膜皮膚からも皮膚からも吸収できるので、アロマバスはオススメですよ。香りも愉しめます。

 

アロマ バス

バスタブにお好きなアロマオイルを1~4滴落として、よくかき混ぜて入浴します。

 

目を閉じてリラックスしたら、ゆっくりと香りを鼻から吸い込みましょう。深い息とともに、アロマの良い香りと一体になる感じです。

 

お湯と蒸気にアロマの成分が拡散するように、時々かき混ぜます。

 

オススメのエッセンシャルオイル

一般的に良く知られるクラリセージやゼラニウムは、お店などで手に入りやすいです。

 直射日光を避けた涼しい場所に保管して、1年以内ぐらいには使いきるようにしましょう。

 

◆ クラリセージ

クラリセージに含まれるスクラレオールという成分は、女性ホルモンのような作用をもたらすといわれます。そして、クラリセージは心を明るく前向きにするともいわれます。

うつうつした気分や、落ちこみ、不安感などにも良い作用があるでしょう。

 

◆ ゼラニウム

心と体のアンバランスな状態を改善する効果のオイル。フローラル&ハーブ系の香りです。

ホルモン分泌を調整しバランスを整え、不安や気分の落ち込み、うつ感を鎮めて、情緒の安定に作用します。

 

もし、香りで気分が悪くなったら、窓を開けて換気をしましょう。

 

⇒トップページへ

 

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ