若年性 更年期障害とは?

若年性更年期障害とは

 

若年性更年期障害とは、若くても(20代~30代)更年期と同じ症状が現れる事を言います。

 

症状は、こちらのサイトに書いてあるものと同じです。イライラ、気分の低下、肩こり、頭痛、倦怠感、めまい など様々。

 

まず、生理が来ないのが大前提となります。

 

若い女性

 

PMS(月経前症候群)との違いは?

 

PMSは、生理が始まる前の約2週間に起こる心とカラダのさまざまな不調のことです。

 

特徴としては、生理が始まると症状は自然に消えるか、軽くなります。

 

症状も、乳房のハリや痛み、手足のむくみ、不眠、頭痛、便秘、吐き気、イライラ、憂鬱、不安が高まるなど、更年期障害の症状と大体似ています。

 

また、生理前に子宮に血液が充血するため全身の血液が不足して、その人の弱い部分に症状が出てしまうのです。

 

生理前に頭痛がおきる人やストレスの多い人は、脳に血液が不足すればイライラいらいらしやすくなったり胃腸が弱い人は下痢したりだるくなったりします。

 

対処法は?

 

まず、症状だけで更年期と決めるのは間違いでしょう。

 

自律神経が不安定にると、生理が乱れたり、のぼせやほてりの症状も出てくるので、「若年性更年期障害では?」と疑ってしまいがちですが、ホルモン値を検査すると、きちんとホルモンが存在するというケースも往々にしてあります。

 

ですが中には、早い時期に卵巣機能が低下し、早期閉経することもあります。
これは、自己免疫性疾患が働いたためです。

 

それなので、まずはバランスの取れた食事、質の良い睡眠、適度な運動など、生活習慣の改善をお勧めします。

 

お酒、タバコ、甘いものなどの嗜好品も、症状が出やすくなるので控えた方が良いでしょう。

 

自律神経のバランスを崩しやすい体質の人は、冷え性・低血圧だったりするので、筋肉をつける運動も取り入れていかれると良いようです。

 

ただ、今ストレスの多い現代社会で、若年性更年期障害の人が増えているといいます。

 

あまりに症状が辛い時は、病院に相談されることをお勧めします。

 

 

更年期障害のサプリメント

 

⇒トップページへ

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ