更年期障害(イライラ、気分の落ち込み、疲労感)体験談‐156

更年期障害(イライラ、気分の落ち込み、疲労感)方の体験談です。


現在55歳です。

 

更年期障害がいつから始まったか?それは、41才の時でした。忘れもしません・・・。

 

終わったのは、ぱったりと生理が終わった52歳の時でした。

 

最初の更年期障害の症状としては、高齢出産組で2児の母である私ですが、常にイライラ感が募っていました。

 

常に子供に対してイライラしているのです。また、子供だけでなく、自分をも否定的に捉える様になっていました。

 

プチ鬱状態が入っていたんですね。

 

対処方法としては、漢方外来のある産婦人科を受診する事にしました。

 

それに平行して鍼灸治療を試みる事にしたり、岩盤浴も平行して行いました。

 

使用したサプリメントはありませんでしたが、漢方外来でまずはツムラの41番の補中益気湯とい漢方薬を処方されました。

 

体力的に自信がなく、常に疲れている身体状況であった事から、この処方になりました。

 

また、先生からの勧めもあり、身体を温める事で気持ちの上昇もあると言う事で、体内環境を活性化する事も目的として、鍼灸治療や岩盤浴で体内からアプローチする事にしたのでした。

 

 

それと、更年期に良い漢方薬である、補中益気湯をコンスタントに飲む事で、少しづつですが、以前より元気パワーが出てきたのを感じる様になりました。

 

また、鍼灸と岩盤浴野セットメニューはとってもとっても効果を発揮してくれましたね。

 

更年期に苦しむ方には、是非お勧めしたいです。

 

更年期障害の苦しみはきっと人それぞれで、きっとご主人には共感してもらう事は難しいでしょう。

 

私は、女友達に辛さを吐き出し、一緒のよく話して気持ちを安定させましたね。

 

女性って、気心の知れた方と話しをする事でホルモンバランスにも影響があるんでしょうね。

 

また、ゆっくりと自分だけの時間を持つ事も必要でした。

 

人に気を使う事をしないで、自分の気持ちが赴くままに動く事で気持ちのバランスを取る事が出来る様になっていました。

 

それに、無理をしない事です。

 

自分には厳しいと思える事があった時、無理をして継続する事はしない事人は人自分は自分と割り切る事で楽になりましたよ。

 

更年期障害は必ず開ける時がきますよ。一緒に頑張りましょう。

 

更年期障害 40代50代 (ひろ様 50代半ば)


 

岩盤浴で体の芯あら温めるのが有効らしいですね。

それから女性同士、話がわかる人に話すと、気分もスッキリしますよね。

ゆったりとした自分一人の時間て、贅沢ですが素敵。
そんな機会を持てるように、毎日の生活の中で工夫したいですね。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

>>>更年期障害(ホットフラッシュを改善する方法)・・・体験談‐155

>>>更年期障害(疲労感、だるさ、冷え)・・・体験談‐154

>>>更年期障害(42歳 めまい、吐き気)・・・体験談‐153

>>>更年期障害を明るく乗り越えた方の体験談‐152

>>>更年期障害((めまい、関節痛、ほてり、イライラ)体験談‐109~151

>>>更年期障害・体験談-1~86

 

更年期障害 サプリメント

⇒トップページへ

 

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ