更年期女性の危ない生活習慣病には、エクオールは役に立つ

更年期になり閉経を迎えた女性は、女性ホルモンのエストロゲンが不足して、さまざまな病気のリスクが高まります。

 

そのなかでも特に生活習慣病である脂質異常症動脈硬化骨粗しょう症になる人が多く、ふだんの生活から生活習慣病の予防を心がける必要があります。

 

弱っている骨のイメージ

エストロゲンには血管の壁を柔軟に保ち、骨を守る効果が期待できます。

 

閉経前後の時期からエストロゲンの分泌量が減りますから、これらの働きが弱くなり、血圧やLDLコレステロール値が上昇しやすく、骨密度も減ってきます。

 

しかし、エクオールを摂取している人は動脈硬化や糖尿病のリスクが低く、骨密度の減少が抑えられるという調査結果が出ています。

 

この結果、生活習慣病の予防や骨折による寝たきりを防ぎ、高齢になっても健康で過ごせる可能性が高まります。

 

これはエクオールに、LDLコレステロールを減らす働きがあるからです。

 

このためエクオールには動脈硬化や糖尿病のといった生活習慣病の予防に効果があるのです。

 

ダイエットが気になる女性

 

骨粗しょう症は骨折を起こしやすく、寝たきりになるリスクが非常に高く、寝たきり防止のためにも十分に注意したい症状です。

 

エストロゲンが減少し、骨を強くする働きが弱まります。閉経後は1年間に2%程度骨密度が減少していきます。

 

ということは閉経後10年たつと、20%も骨密度が減ってしまうのです。

 

骨がもろくなって、いつ骨折しても不思議ではない状態です。骨密度を減らさないためにもエクオールの摂取は重要です。

 

運動をする中年女性

 

このようにエクオールには動脈硬化や糖尿病といった生活習慣病の予防、そして寝たきりのリスクが非常に高い骨粗しょう症を予防する効果があります。

 

特に女性は、閉経前後の時期から生活習慣病の予防防のために、積極的に摂取したい栄養成分です。

 

エクオールは更年期の不快な症状の改善に効果があるだけでなく、生活習慣病の予防にも効果があるので、中高年世代の救世主といえるでしょう。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

>>>更年期障害でお悩みの方は、「エクオール」を試してみては?

>>>エクオールは食品で摂るかサプリで摂るか、どちらが効果的?

>>>知らないともったいないエクオールの男性に対する効果

>>>更年期の中年太り・・・エクオールに解消できるのか?

>>>エクオールとイソフラボン、どう違うの?の疑問を整理してみました

>>>更年期 エクオールの老化防止効果がすごい!

>>>AMC社のエクオールを飲み続けて1年になる熟女

>>>エクオールはどのサプリメントで摂りましょう?~大塚製薬エクエルか、AMC社のエクオールサプリか

 

更年期障害のサプリメント

⇒トップページへ

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ