エクオールとイソフラボン、どう違うの?の疑問を整理してみました。

更年期障害に良いということで近頃人気が高まっているエクオールですが、

 

「エクオールはイソフラボンとどう違うの?」「エクオールとイソフラボンの関係は?」という疑問の声があるので、ここで今一度まとめてみたいと思います。

 

エクオールとイソフラボンは同じ?

エクオールは大豆イソフラボンを摂取することによって腸内細菌から作られるスーパーイソフラボンなので、イソフラボンと同じと思っている方が多いようです。

 

大豆の水煮

 

イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きを持つ成分として知られています。ですが厳密に言うと、イソフラボンだけがエストロゲン同様の作用を持っているのではありません。

 

女性ホルモンの分泌量の減少を補って、コラーゲンの合成を促したり骨粗鬆症を改善したり、髪を艶やかにする働きを持つのはエクオールなのです。

 

ただ、これだけではエクオールとイソフラボンの区別はつかないかもしれませんね。

 

大豆イソフラボンは納豆や豆腐などの大豆食品から摂取できるので、その効果をある程度得ることができます。しかし、エクオールは単に大豆イソフラボンを摂るだけでは作られません

 

いろいろな大豆製品

 

腸内細菌の一つにエクオール産生菌という菌があり、それが大豆イソフラボンを代謝することでエクオールは初めて作られます。

 

大豆イソフラボンをたくさん摂取しても、エクオール産生菌がなければエクオールを作ることができないのです。

 

つまり大豆イソフラボンは食材などから摂取できますが、エクオールは普通の食事から摂れる成分ではないというのが明確に違う点であり、区別するポイントになります。

 

効果はエクオール生産菌の代謝によって得られる

ややこしいのですが、エクオールは大豆イソフラボンの一種であるものの、エクオール産生菌が代謝を行わない限り摂取できません。

 

そしてエクオール産生菌は誰でも腸内に持っている菌ではなく、人によってその量の多さは異なります。

腸内フローラのイメージ図

 

エクオール産生菌を持っていて、大豆食品をしっかり食べていればエクオールは作り出されますが、エクオール産生菌が少なかったり持っていなかったりすれば作られません。

 

もちろん大豆イソフラボンにも女性ホルモンと同様の働きがあるので、更年期障害の緩和や美肌、アンチエイジングなどの効果はエクオールに期待できます。

 

しかし大豆イソフラボンだけでは働きが不十分なので、健康や美容に効果的に働くエクオールの効果が求められているのですね。

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

>>>更年期障害でお悩みの方は、「エクオール」を試してみては?

>>>エクオールは食品で摂るかサプリで摂るか、どちらが効果的?

>>>知らないともったいないエクオールの男性に対する効果

>>>更年期の中年太り・・・エクオールに解消できるのか?

>>>更年期 エクオールの老化防止効果がすごい!

>>>AMC社のエクオールを飲み続けて1年になる熟女

>>>エクオールはどのサプリメントで摂りましょう?~大塚製薬エクエルか、AMC社のエクオールサプリか

 

 

更年期障害 サプリメント

 

⇒トップページへ

 

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ