更年期障害(イライラ、気分の落ち込み、多感、疲労感、倦怠感)体験談‐136

更年期障害(イライラ、気分の落ち込み、多感、疲労感、倦怠感)の方の体験談です。


 

私が40歳代後半になった時、更年期の症状があらわれました。

 

具体的には、イライラする、感情の起伏が激しくなる、暑くないのに汗をかく、倦怠感が消えないといった症状がありました。

 

鬱々とするイメージ

 

この症状には波がありましたが、だいたい半年くらい悩まされたと思います。

 

私は子供が3人いますが、当時子供たちは高校生、中学生と多感な時期で、それぞれ手もかかるし気も使うし、非常に大変でした。

 

私自身、パートタイムの仕事と家事、子育てといろいろ手がまわらなくなっていたことと、更年期とが重なり、夫や子供たちにキツく当たることもしばしばありました。

 

漢方薬のお茶等を毎晩寝る前に飲んだりしたことで、後半はかなり症状は落ち着いたのですが、やはり突発的にイライラしたり辛くなったりして、この症状はいつ終わるのだろうと、毎日不安で仕方ありませんでした。

 

そんな日々の中、あるトラブルが起きました。

 

宿題をせず、ソファで横になっていた娘に注意をする際、そばにあったタオルで、軽く娘をピシャリと叩いたのですが、運悪くそのタオルはしなって勢いづき、娘の目にあたってしまったのです。

 

娘が尋常ではなく痛がり、何かおかしいと言うのを、何を大袈裟に言ってるのとイライラしながら、私は全く相手にしませんでした。

 

更年期でイライラする女性

 

しかし、しばらく様子を見ていた夫が、ちょっとおかしいから病院に連れていくといい、診察を受けた結果、眼底を打撲しており、娘はその後1か月眼帯をして過ごしました。

 

これまでだったら、娘を注意する時言葉だけで終わらせていたのではないか、無意識にタオルを持った手に更年期の苦しみやイライラがこもり、娘にそれをぶつけてしまったのではないか・・・。

 

眼帯をした娘を見るたび、そのような自己嫌悪に陥り、自分を毎日責めました。

 

しかし、娘や家族は、私のそのような状態を心配し、逆に励ましてくれました。

 

家事も極力手伝ってくれ、私の負担を減らそうと努力してくれました。

 

更年期を乗り切るには、周りのサポートが大切だと思います。

 

今、更年期で苦しんでいる方にも、素直に不調を家族に伝え、頼って、無理をしすぎないように伝えたいです。

 

更年期障害の体験者 ( おミツ様 40代後半)


 

イライラしてつい家族に当たっちゃうと、自己嫌悪になりますよね・・・。
家族のサポートは大きな力になりますよね。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

>>>更年期障害(疲労感、倦怠感、無気力)体験談‐135

>>>更年期障害(ほてり、疲労感、頭痛、腰痛、発汗、気分の落ち込み)体験談‐134

>>>更年期障害(更年期障害(卵巣がんを患い摘出手術)体験談‐133

>>>更年期障害(ストレス、イライラ、ホットフラッシュ、多汗)体験談-132

>>>更年期障害(ホットフラッシュ、多汗、倦怠感、肌荒れ)‐109~131

>>>更年期障害・体験談-1~86

 

* 使ってみて良かったサプリランキング *

 

⇒トップページへ

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ