更年期障害-(冷え・のぼせ・頭痛・肩こり・気分の落ち込み)体験談-129

更年期障害(冷え・のぼせ・頭痛・肩こり・気分の落ち込み)の方の体験談です。


 

私は今年還暦になりますが、更年期障害が始まったのは5年程前ですので、3~4年は辛い状態が続きました。

一般の年齢よりかなり遅い方だと思うのですが、先ず冷え・のぼせが出て来たように思います。

 

冷や汗を全身に感じて身震いをする様な症状でした。

 

また、それまであまり経験の無い頭痛が、じんわりやんわりと持続するので気分の重さを感じました。

 

その頃は仕事もしていたので何となく気が紛れる事も有るのですが、仕事を辞めてからは、更年期の症状が一層ひどくなって、追い打ちをかけるように五十肩と肩凝りが訳もなく襲い掛かって来たのです。

 

更年期障害の頭痛、肩こり、冷え性のミセス

 

日常の普通の動きや車の運転に支障を来す程でした。

 

五十肩の痛みは着替えや台所仕事さえままならず、外出する事もしなくなり、じっと座って出来るだけ動かずに耐えていたと言っても良い程です。

 

衣服の着脱やエプロンのひもを後ろ手で蝶結びにするような簡単な事さえ、痛みのせいでとても無理な事です。

 

幸いにも娘に助けてもらいながら色々とやれてきたことは幸運です。

 

でもそのうちに、心の状態も不自然に落ち込むような日々が続くようになり、自分で躁鬱の山と谷に気付く事も有りました。

 

どうしてこんなに気持ちが塞ぎ、物事を悪い方へ考え込んでしまうのか理解出来ません。

 

更年期障害の頭痛症状

 

我に返ると、身動きせず痛みと心身の衰えやネガティブな感情にどっぷりと浸かり込んでしまい、出られなくなっている体を発見して、恐怖の様な物を感じました。

 

以前からよく知っていた、女性ホルモンの変化の恐ろしさを体感しているのだなあと、頭では分かっているつもりでも、まるで催眠術に掛けられている様なものです。

 

イヤホンで大好きなジブリの曲を何度も聞き続けたり、同じ映画ばかり観ては自分の心を慰めようと必死になっていた事もありました。 

 

結局、時間が解決してくれたようです。

 

特にこれと言った薬は使いませんでしたが、家族からのいたわりや優しさが何よりだったように思います。

 

女性なら誰にでも起こり得る事なのですから、身近な信頼出来る人の支えで乗り切れた事が幸せだった事を思い出します。

更年期障害の体験者 ( みや様 60代)


 

更年期には女性ホルモンが崩れて、心と体に様々な影響が出てきますね。

気持ちを明るく持つようにして時が過ぎ去るのを待つか・・・。

病院の薬やホルモン治療や、更年期障害に良いサプリメントなどもあるので、併用して何とか乗り切りたいですね。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

更年期障害-(集中力・気力の低下、気分の落ち込み、体調不良)-128

>>>更年期障害(めまい、吐き気、疲労感)‐127

>>>更年期障害(疲労感、頭痛、肩こり、ホットフラッシュ、イライラ)-126

>>>更年期障害(頭痛、腰痛、イライラ、気分の落ち込み、だるい、動機、息切れ)-125

>>>更年期障害(ホットフラッシュ、冷えのぼせ、眠気、めまい、むくみ)-109~124

>>>更年期障害・体験談-1~86

 

* 使ってみて良かったサプリランキング *

 

⇒トップページへ

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ