更年期障害-(頭痛、疲労感、倦怠感、イライラ)体験談-114

更年期障害(頭痛、疲労感、倦怠感、イライラ) を克服された方の体験談です。


 

私が更年期障害の症状を感じるようになったのは、 50代にさしかかろうとする、48歳ぐらいの時でした。

 

それまではどちらかというと温和だった自分が、だんだんと気が短くなっていき、とてもイライラするようになっているのを感じました。

 

でもその頃は仕事の残業などで忙しい時期だったので、普通のストレスと思って気にしないようにしていました。

 

でもその症状がだんだんと酷くなっていったのです。

 

私の更年期障害の症状は、頭痛、疲労感、倦怠感、そして強いイライラです。

更年期で頭痛・イライラする女性

 

何かにつけてカッとしては夫や娘たちに当たりました。
このイライラ感がなかなかにすごくて自分でも困惑しました。

 

いつから自分はこんなに怒りっぽくなったのかと不安に思いました。

 

でもその頃は自分が更年期だなんて思いませんでしたし、無意識に考えないようにしていた気がします。

 

そのせいで当たられた方はたまったものではありません。

 

家族に段々見放され始めたのも感じていました。

 

私が急に怒るので、最初は戸惑っていた家族がだんだん冷たい目で私を見るようになりました。

 

すると余計にストレスをため込むようになり、急に怒り出す悪循環です。

 

本当にあの頃はどうしようもない手が付けられない親だったかもしれません。

 

でもあるときに友人が「更年期障害の症状で悩んでいる」と相談してきました。

そしてその話を聞いていたら、明らかに自分と合致する点がいくつもあったのです。

さすがにこれには自分は更年期障害だと認めないわけにはいかずに、友人と一緒に更年期障害緩和のサプリを飲み始めました。

更年期障害のサプリメントを飲むミセス

 

私が使ったのは「白井田七」です。

 

これを飲んでいると体が楽で、気分的にも楽になり、イライラが緩和する気がしました。

 

これに加えて、趣味で焼き物を始めました。
前から興味があって始めたのですが、これを楽しんでいる内に更年期の症状が気にならなくなっていき、だいぶ良くなりました。

 

徐々にイライラも体の不調も少なくなり、50代前半ほどで良くなり、ほっとしましたし、家族間の仲も以前のように良くなりました。

 

更年期障害になったら、すぐに家族に打ち明けて分かってもらいましょう。

 

それから自分にとって楽しい趣味に打ち込むことが更年期障害の症状を軽くするコツです。

 

悩んでいる人は、あまりストレスをため込まないで趣味などで発散することをオススメします。

更年期障害の体験者(ルー様  50代)


 

更年期障害でいろいろな症状が出ると辛いですよね。

気分転換が何よりと思います。

忙しくていろいろできないこともあると思いますが、可能な限り好きなことと、外に出て体を動かすことがやっぱり良いようです。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

>>>更年期障害(集中力・やる気低下、倦怠感、感触の変化)体験談-112

>>>更年期障害(鬱状態、倦怠感、気分の落ち込み、どんより)体験談-111

>>>更年期障害(イライラ、気分の落ち込み、多汗、だるさ)体験談-110
>>>更年期障害(だるさ、ほてり、イライラ)体験談-109
>>>更年期障害・体験談-1~86

 

* 使ってみて良かったサプリランキング *

 

⇒トップページへ

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ