更年期障害・・・男性・女性の治療法と、高麗人参サプリのこと

更年期障害・・・女性の場合

 

更年期障害は男性女性関係なく発生しますが、発生する年齢が違います。

 

女性は50歳前後で、閉経の前5年間と後ろ5年間に発生すると言われています。

 

発生原因は、女性ホルモンのエストロゲンが低下するためです。

 

更年期障害の症状は多くあり、脈が早くなるのを感じたり動悸や息切れを感じたり、血圧が上下したりします。

 

動悸・息切れをしている女性

その他にも、頭痛やめまいを感じたり、耳鳴りや肩こり、すぐに息切れする、腰痛やしびれ、口の渇きや疲労感・倦怠感、不眠症や関節痛、気分の浮き沈みが激しくなる、ヒステリーをおこす、イライラを抑える事ができなくなる・・・などなど、更年期障害の症状は人によって様々です。

 

どれか一つというわけではなく、これらが複合的に起こるのが普通です。

 

更年期障害・・・男性の場合

 

男性の更年期障害の場合は40歳前後~60代と幅広く、加齢や極度のストレスを感じている人は発生する年齢が早まります。

 

発生原因は男性ホルモンのテストステロンが低下するためです。

 

男性の更年期症状は、発汗やほてり、動悸や血圧が上下するなど女性の場合と重なる部分もありますが、ストレスが多い人になると、落胆や不安や疲労感をすぐに感じ、感情のコントロールがきかず、人前でもイライラを抑える事ができなくなることもあります。

男性の更年期障害

 

 

どちらかというと、精神的な面で落ち込んでうつ状態に陥るケースが多いようですが、性欲が低下して勃起障害を発症する事もあります。

 

治療方法はホルモン治療漢方薬治療があります。

 

ホルモン治療は女性はエストロゲン、男性はテストステロンが含まれる飲み薬を飲んだり、貼り薬を貼ります。

 

漢方治療に使う漢方が高麗人参等がありますが、飲み薬に加工した高麗人参を水で飲みます。

 

高麗人参の選び方

 

高麗人参の選び方のポイントは、栽培年数です。

 

栽培年数が2~3年では、必要な栄養素が十分育っていません。6年以上になると、逆に育ちすぎで栄養素が少なくなってしまいます。

 

高麗人参と珍しい高麗人参の花

高麗人参は、栽培年数が6年のものが最適・最上級と言われています。

 

更年期障害を改善する以外にも、あらゆる健康に対する効果が認めら得ている高麗人参ですが、中には偽物も多く販売されているため、しっかりと見極めることが大切です。

 

高麗人参サプリメントは、あまりお値段が安すぎるものはそういった偽物の可能性が高いです。

 

韓国産の6年ものを選ぶようにすると良いでしょう。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

>>>更年期障害に高麗人参・・・サプリメントで摂るならコレ!

>>>新発売の高麗人参サプリ「紅麗珠」で更年期障害を対策

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ