更年期障害の症状 手足、腰が冷えて痛みが酷い・・・

更年期になって、体が冷えを強く感じていませんか?

 

体が冷えて、手や足、腰が冷えると本当にしんどいものです。

  • 手や足がいつも冷える

  • 入浴しても、体の芯まで冷えてしまっていてなかなか温まらない

  • 冷えがひどすぎて、指先や足先が痛む

  • 腰痛が酷くて動けない

  • 夏でも足が冷たくてソックスを手放せない

 

こんな冷えを感じていませんか?

 

更年期障害の冷え症状

 

もともと冷え性だった人が更年期になると、冷えの病状がますます重くなる場合があります。

 

更年期になると女性ホルモンが減少し始めるので、その影響でホルモンバランスが乱れ、更には自律神経のバランスも崩れます。

 

自律神経は体のバランスをコントロールしていますので、崩れると体温調節がうまくいかなくなってきます。

 

自律神経の乱れは、体温調節機能にも影響しますが、手足腰の冷えや体の巡りも悪くなります。

 

血行不良やリンパの流れが滞ると、冷え性という症状が起こります。

 

更年期障害の一つに、顔の火照りがありますが、これも冷えと関係しています。

 

冷えと火照りは一見相反するように思えますが、全身の血行やリンパの流れが悪くなっている事で、体の芯は冷えているのに、表面が火照るという矛盾が生じます。

 

これも自律神経がバランスを崩した事で、体温調節がうまくいっていないからです。顔が火照るのに手足腰は冷えている状態です。

 

火照ると汗をかくので、暑いと勘違いしてしまい、つい、冷たい飲み物を飲んで涼しくなりたいですが、何とこれは逆効果なんです。

 

更年期障害で汗を多くかく主婦

 

体の芯が冷えている所に更に冷たい飲み物を流し込むことになり、症状がさらに悪化してしまうんですね。

 

こういう時は体の芯の冷えを解消する事が大切です。

 

更年期の冷え・・・体を芯から温めるには

 

体を温めるには、温かい飲み物を飲むのも効果的ですが、体の芯が冷えている時は代謝も低下しています。

 

温かい飲み物を飲んでも一時しのぎに過ぎませんから、運動をして筋肉を付け、基礎代謝を高めるようにします。

 

ある程度筋力が付けば代謝が上がりやすくなるので、軽い運動でも血行が促進され手足腰の冷えが解消されます。

 

それから、意外と見落としがちなのが、3つの首です。

 

首、手首、足首が冷えると体も冷えますので、3つの首を冷やさないような服装やグッズを取り入れるのもいい方法です。

 

手足腰の冷え対策として加齢とともに基礎代謝は低下していくので、更年期の手足腰冷えの基礎代謝を高める事が大切です。

 

更年期の冷えを改善するために、効果的に体を温める4つの方法

1.冷えを防ぐための日常生活-1

「足湯」や「半身浴」をしましょう。

 

足湯は、洗面器などに熱めのお湯を入れて、くるぶしから下を20分以上温めます。

 

お好きなアロマオイルを1~2滴たらすと、気持ちもスッキリして、更年期のどんより気分も少しリフレッシュできます。やはり、ラベンダーがリラックスできるでしょうか。

 

シャワーだけではなく、湯船にじっくりつかりましょう。

 

半身浴でなかなか温まりにくかったら、日本酒をどぼどぼと入れて15分ほど浸かると、と体の芯から温まります。

 

お風呂で体を温める

 

2.冷えを防ぐための日常生活-2

手足など体の末端のの冷えには、運動をして筋肉を付けるのが有効です。

 

筋肉がポンプの役割を果たし、血行をよくして代謝を上げてくれるのです。

 

ウォーキングが、毎日無理なく続けられるのでオススメです。十分な効果が期待できるでしょう。

 

ウオーキングをする主婦

 

3.冷えを防ぐための食生活・・・白砂糖に注意

冷えを防ぐには食事からということで、食事にも気をつけましょう。

 

特に白砂糖は体を冷やす代表的なものです。

 

白砂糖は意外と何にでも入っているので、完全に除去するのは難しいですが、とにかく体を冷やしますし、膝や関節の痛みなども引き起こしますので、まずは白砂糖よりも黒砂糖を使ったり、市販の甘いお菓子はなるべく控えるといった食生活を心がけることから始められてはいかがでしょうか。

 

体を冷やす食べ物:

 

夏の野菜や果物(きゅうり、トマト、レタス、メロン、パイナップルなど)、 白砂糖や、白砂糖が入った甘いお菓子、アイスクリーム、冷たい飲み物 など

 

体を温める食べ物:

 

冬の食べ物(かぼちゃ、ごぼう、にんじん、にんにく、しょうがなど)温かく調理したもの、みそ・しょうゆ、赤身の肉類や魚、発酵食品、など温かい飲み物

 

4.冷えに効くツボを押してみましょう

 

「三陰交(さんいんこう)」といって、足の内くるぶしの一番高いところから、指幅4本分上がったところの骨と筋肉の境目のくぼみにあります。

 

親指で5秒間ほど痛気持ちいいくらいの力で押したら、ゆっくり指を離します。
左右の足で3~5回ほど繰り返しましょう。

 

この部分にお灸をするのも気持ち良いです。(ドラッグストアえ買える、せんねん灸など)

 

このツボは、冷えの改善の他にも、ホットフラッシュや生理不順などのさまざまな婦人科系の症状にも良いので、是非活用しましょう。

 

更年期障害 冷え対策のサプリメントはコレ!

 
適度に運動をして、食生活にも気をつけて、ツボ押しも。

 

できる範囲でやってみるけど、私は長続きしないんですね・・・。なるべく心がけるようにして、やれる時はやるという感じじゃないと。

 

だから、サプリメントあったら飲むだけでいいので、ズボラな私でも続いています。

 

私は元々冷え症で、手足の先がいつも冷たくって、冷え症なんだからしょうがないって開き直って特に対策をしていませんでした。

 

でもこの冬は、さすがに冷えが堪えました。

 

生姜をすり下ろして紅茶に入れて飲むと体が温まりますが、温かさはずっと続かないんですね。

 

そこで、体がポカポカ温まるという、高麗人参のサプリメントを飲んでみることにしました。

 

サトー製薬の【美健知箋】

更年期障害 高麗人参サプリメント

 

ていねい通販の【高麗美人】

高麗人参 高麗美人2

 

エバーライフの【紅麗珠】

更年期障害 冷え サプリメント

 

いろいろと試してみました。

 

サプリメントは通常、長く飲まないと効果は出ないと思っていたので期待をしていなかったのですが、高麗人参のサプリメントは即効性がありますね!

 

冷えが辛い方は、高麗人参サプリメントを飲まれると良いと思います。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

>>>え?本当?更年期障害に高麗人参・・・サプリメントで摂るならコレ!

 

⇒トップページへ

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ