更年期 気をつけたい骨粗しょう症

骨粗しょう症とは?

 

更年期になると、気をつけたいのが骨粗しょう症です。

 

骨粗しょう症とは、加齢や閉経を迎えたことに加えて、カルシウム摂取不足や運動不足などが原因となり、骨のカルシウム量が減少して骨がスポンジのように粗くなり、骨折しやすくなる病気です。

 

更年期以降の女性に多く、60代女性の3人に1人、70代女性の2人に1人の割合で骨粗しょう症になっているとされています。

 

悩む中年ミセス

 

骨粗しょう症になると・・・

 

更年期には骨量が減り、骨の構造が変化し、骨粗しょう症を引き起こしてしまうこともあるので、注意が必要です。

 

骨が弱くなると、日常の生活が困難な程の背中や腰の激しい痛み、背中や腰の激しい曲がり、簡単に骨折してしまうなどということが起こることも。

 

一番恐ろしいのは、骨折が原因で歩行障害 や寝たきりの状態になってしまうことです。

 

今や寝たきりの原因の第一位は、骨折なのだそうです。それを引き起こすのが骨粗しょう症。

 

それは閉経後に、カルシウムの吸収を助けて骨を強くする働きを持つ女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が急激に減少するため、骨の再生力が低下することが原因と言われています。

 

骨粗しょう症はどうやって防ぐか

 

骨粗しょう症を予防するには、女性ホルモンのエストロゲンを摂取し骨の再生力を上げることが最も効果的です。

 

エストロゲンは、カルシウムの吸収を助けて骨を強くする働きを持つからです。

 

因みに、骨を強くするにはカルシウムを摂取すると良いと広く知られています。

 

牛乳・煮干しのカルシウム

 

でも実際には骨粗しょう症の原因は、エストロゲンという女性ホルモンの減少なので、カルシウムを補おうと思って、いくら牛乳を飲んだところで、残念ながら骨粗しょう症の予防にはなりません。

 

それは、ホルモンという生理的 調節物質、生理機能がなければ吸収するという体のシステムは働かないからです。

 

効果的に、エストロゲンを摂取できるよう、工夫しましょう。

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ