更年期障害の症状 ~ めまい

更年期障害の代表的症状・めまい

 

更年期障害の症状は実に様々であり、どんな症状が出るかは人により違います。

 

その中でも代表的といわれるのが、眩暈(めまい)です。

 

更年期障害により起こるめまいは、ホルモンバランスの乱れと、自律神経の乱れが原因です。

 

40代女性の3人に1人はめまい症状を自覚しているといいます。
(2010年 厚生省調査による)

 

更年期でめまいを起こしている主婦

 

症状の原因は、更年期障害によるもの以外にもいくつかあります。

 

更年期障害が原因で起こる症状は、時間の経過とともに自然に解消していきます。

 

目が回る、ふらつく、目の前が真っ暗になるなど、人によりめまいが起きた時の状態は違いますが、少し休んでいて回復するようなら特に心配ないでしょう。

 

しかし症状がいつまでたっても解消されない、吐き気を伴うというような場合は、更年期障害のめまいとは違う可能性があります。

 

脳の病気やメニエール病など、症状がある病気の可能性があるので、早めに病院を受診する事をおすすめします。

 

このように、めまいの実体と原因を知ることで、症状改善の道も見えてきます。ちょっと深いですが、見ていきましょう。あなたの症状はこの中のどれですか?

 

更年期障害の中年女性がめまいを起こしている

 

更年期障害 めまいの種類いろいろ

◆ 回転性めまい
どんな状態?

 

・突然、周りの景色や天井、壁などがぐるぐる回っているように感じる。
・吐き気を伴うことも。
・30秒~60秒で治まる

 

回転性めまいは、主に耳が原因で起こる症状です。

 

耳の中にある三半規管(平衡感覚を司る器官)の中に「耳石」と呼ばれる、炭酸カルシウムの粒が入り込んで引き起こされる状態で、更年期にかかりやすいと言われています。

 

何故かというと、閉経後の女性は女性ホルモン低下で、カルシウム不足となり、耳石がはがれやすいからだそうです。

 

どうすれば防げる?

予防策としては、

 

・カルシウムを摂取すること。
・日頃から運動をして体を動かすこと
・首~頭をぐるぐる良く回すようにして、耳石がくっついて大きくならないようにすること

 

などがあります。

 

首~頭をグルッと回して動かすと、血行が良くなって、肩こり・首のコリにも良いですね。

 

めまいは首・肩のこりとも関係している場合もあるので、首~肩にかけて筋肉の緊張をほぐすと、めまいの改善になります。

 

◆ 浮動性めまい
どんな状態?

 

・雲の上を歩いているような、フワフワ浮いているような感覚
・船に乗っているようなユラユラ揺れているような感覚
・長時間繰り返し続く場合が多い
・肩こり、首のこりを伴うこともある

 

浮動性めまいは、視力障害、脳腫瘍、脳梗塞、脳血栓などの脳血管障害、うつ病などの心因性の病気、高血圧、自律神経の乱れなど。

 

どうすれば防げる?

 

・日頃から軽い運動やストレッチをする
・規則正しい生活習慣
・睡眠をしっかり取る
・過労・過度のストレスを避ける
・精神的な面でもゆとりのある生活をする

 

◆ 立ちくらみ・眼前暗黒感
どんな状態?

 

・急に立ち上がった瞬間にクラッとくる
・長時間立っていると目の前が暗くなる
・血圧が低い人に起きやすい

 

めまいが起きたらはどうする?

 

まずは一息ついて、近くにある椅子に腰かけたり横になったりして、安静にすることが一番です。お水などを飲んでゆっくりしましょう。

 

更年期障害のめまいが起きた時は、無理をせず体を休めましょう。

可能なら横になり少し安静にしているか、椅子やベンチに座って休んでいれば落ち着いてきます。

 

完全に解消される前に無理に動くと、転倒する可能性があるので無理は禁物です。

 

中年女性が休憩している

 

こんなめまいは注意が必要!

 

難聴・耳鳴りを伴うめまい・・・メニエール病、突発性難聴

ふらつきを伴うめまい・・・前庭神経炎

手足のしびれを伴うめまい・・・脳卒中

 

「めまいなんて、いつものことだから」「放っておいてもそのうち治まる」なんて放っておくと、大きな病気が隠れている場合があるので、次のような時は要注意です。

 

症状が重い場合、長引く場合は、専門の医療機関で検査されることをお勧めします。

 

自律神経を整えること & めまいの改善に良い成分「サポニン」

 

めまいは、症状がそれほど重くなければ特別な治療法は無く、とりあえずは安静にして、症状が収まるのを待つことぐらいしか無いのですが、自律神経を整えることで、めまいが起こらないようになっていくことができます。

 

過度のストレス、睡眠不足、疲労・過労、女性ホルモン低下などが原因で自律神経が乱れます。

 

自律神経の乱れは、更年期特有の症状(ほてり、のぼせ、動悸、息切れ、イライラ、頭痛、手足の冷え)なども引き起こします。

 

この自律神経の乱れを整えることにより、めまいを始め、更年期の様々な症状が改善されていきます。

 

自律神経を整える作用のある物質があるのをご存知ですか?それは、「サポニン」です。

 

サポニンには、血圧上昇を抑える作用もあり、更年期特有ののぼせ、ほてり、ホットフラッシュ、動悸、息切れ、手足の冷え・むくみ、頭痛、憂うつ、イライラ、めまい、不眠、腰痛、肩こりなどを改善する働きがあります。

 

そのサポニンを多く含む食品として、大豆や高麗人参が有名ですが、実は、それよりももっと多くサポニンが含まれる食品があります。

 

それは田七人参といって、サポニンの含有量が何と高麗人参の倍以上あるので、めまい、ホットフラッシュをはじめ、更年期症状の緩和に最も有効と言われています。

 

更年期のサプリである白井田七


更年期症状が緩和された報告が多数寄せられています。

 

詳しくはこちら
↓ ↓ ↓

更年期障害のサプリメント

 

更年期障害のめまいは、女性ホルモンのエストロゲンが減少する事も関係しています。

 

対処法としては、エストロゲンによく似た性質を持つ、大豆イソフラボンを摂取する、ビタミンやミネラルなど、食事の栄養バランスを見直すようにしましょう。

 

この血圧もめまいに関係してくるので、高すぎず低すぎず、自分にとってのベスト値を維持できるよう心掛けます。

 

食事に気を使っていても、どうしても補いきれない栄養は出てきます。

 

こういう時は、サプリメントをプラスするのもおすすめです。

 

更年期障害対策は毎日続ける事が大切です。

 

食事管理は意外と大変ですが、サプリメントなら手軽に必要な栄養を補えますので、食事にプラスして毎日の習慣にするのがいいでしょう。

 

疲れている時は症状を起こしやすい傾向があるので、質のいい睡眠が取れるような工夫も取り入れるといいかもしれませんね。

 

* 更年期障害・使ってみて良かったサプリランキング *

 

⇒トップページへ

 

 

合わせて読みたい記事:

  • 更年期障害の症状 ~ 鬱(うつ)病、うつ症状

  • 家族でサポート

    ホルモンバランスの乱れから、更年期鬱(うつ)が起こることもある中年期   簡単で効果のあるホームケアの方法を、このページの下の方に示しています。   ホルモンのバランスが崩れていろ…

  • 更年期障害の症状~頭痛

  • 更年期の頭痛で苦しむ女性

    更年期障害の頭痛   更年期障害の症状で、最も代表的な症状の一つである頭痛。 更年期障害がある人の約7割もがこの症状に苦しんでいると言われています。   更年期障害の頭痛の主な原因…

  • 更年期障害の症状-耳鳴り

  • 耳鳴りがする女性

    更年期が感覚器官に影響して耳鳴りに   更年期障害の症状はいろいろありますが、その中の一つが耳鳴りです。   更年期障害の一つ、耳鳴りの原因や対処法を紹介します。   更…

  • 更年期障害の症状 ~ 手足のしびれ

  • 更年期で手がしびれている主婦

    手足がしびれる感じがする・・・ 更年期障害にもいろいろな症状がありますが、手足のしびれもその一つです。   なぜ更年期になると手足がしびれるのか、その理由と対処の仕方を紹介します。 &nbs…

  • 更年期障害の症状 ~ 動悸・息切れ

  • 息切れしている女性

    更年期障害の動悸・息切れ   更年期障害でほてりやのぼせ、発汗などと共に多い症状として、動悸や息切れがあります。   心臓の拍動が急に乱れたり、運動をしていないにも関わらず、息苦し…

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ