更年期障害(疲労感、倦怠感、だるい、頭痛)体験談-102

更年期障害(疲労感、倦怠感、だるい、頭痛)を克服された方の体験談です。


 

更年期障害が始まる前まで、健康面ではあまり気にした事もなかった私なのですが、30代後半くらいから、外に出ると度々頭痛をするようになってきました。

 

日中には疲労感、倦怠感からだるさなどもひどくなり、外出するのもおっくうでたまらなく生理痛なども余計に強くなっていきました。

 

更年期障害の疲労感・倦怠感でどんよりする主婦

 

趣味で洋裁をしているのですが、大好きなはずのその作業も面倒になるほど酷いので、ひょっとして更年期障害?と思い、産婦人科にも見てもらいました。

 

私の場合は、エストロゲンが下がってきており、更年期障害ということでお薬を飲む事を勧められました。

 

しかし、なんとなく薬に抵抗があったので、薬は貰ったのですが飲んだり飲まなかったりで、あまり改善したとは言えない日々を続けていたのです。

 

家族もとても心配してくれて、家事などを主人や家族が分担してやってくれる事もあり、ストレスがなくなった事もあり、極度の疲労感、倦怠感だけは軽減できたと思います。

 

その頃から、更年期障害によく効くとされている大豆や、ビタミンB類を含む肉類、さらに野菜などバランスの良い食生活をするようになりました。

 

どうしてもお昼ご飯などは、簡単な麺類などを食べる事も多かったのですが、それではビタミン不足に陥ってしまう事もありますので、気をつけました。

 

そして、骨が苦手で食べなかった魚なども食卓に上げるようにしました。

 

 

また、休日には軽いウォーキングなどもしてみたのです。

 

併用してやっていたのが、大豆イソフラボンのサプリメントとクイーンズザクロという飲むサプリメントです。

 

クイーンザクロというのは、とても更年期障害に効果があるというので、主人がネットで購入してくれたものなのですがかなり効果があったように思います。

 

特に外に出た時の片頭痛や、生理痛には驚くほどの効果があり、慢性的な疲労感・倦怠感やだるさなども
軽減できました。

 

さらに、あれほど冷たかった手足がそこまで冷えなくなってきたのです。

 

体を温めるイメージ

体調がだいぶ良くなり一か月ほど経ったとき、産婦人科でも見てもらったのですが、数値は安定していました。

 

ですので私の場合は食事などのバランスの改善や運動、さらにサプリメントと併用しているのですが、とにかく家族の助けがあった事が一番良い事だったと思います。

 

なので、更年期障害の問題を抱える方は家族にきちんとお話されて、協力を得られると良いと思います。

 

更年期障害の体験者(ルンバ様 40代)


 

クイーンズザクロ 、ジュースなどもありますね。食卓にプラスしてみると良いかもしれませんね。

そして何より、家族の協力があると最強ですね!

 

気分が落ち込む、うつ症状、倦怠感、疲労感にはこちら

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

>>>101更年期障害(だるい、疲労感、倦怠感)体験談
>>>100更年期障害(疲労感、倦怠感、不眠、冷え、欝症状)体験談
>>>99更年期障害(生理不順、イライラ、気分の落ち込み、多汗)体験談



当サイトで一番人気のサプリ

⇒トップページへ

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ