更年期障害(生理不順、イライラ、気分の落ち込み、多汗)体験談-99

更年期障害(生理不順、イライラ、気分の落ち込み、多汗) を乗り越えた方の体験談です。


 

40代後半から、それまで規則正しかった生理が乱れがちになり、3か月無いかと思えば1か月に2度あったり、量がものすごく少ない事もあれば対処しようがないほど大量な時もありました。

 

いま現在生理は半年ほど全くない状態ですが、生理が不順だった4年ほどは更年期障害に悩まされたのです。

 

生理が不順になる他に、些細なことにものすごくイライラし、家族に当たったり物を壊したりもしました。

 

自分でもどうしてこんなに怒る必要があったんだろうと、後で後悔するほどキレてしまう事もあり、こんなことをしてしまう自分に落ち込んで泣いたりもしました。

 

落ち込む主婦

 

泣くと言えば、なぜだか昔起こった悲しい事や悔しい事がどんどん思い出されて、なんで自分ばかりいつも不幸なんだと思い込み号泣する事もよくありました

 

感情がコントロールできないし、突然暑くなって汗を大量にかき、その後ものすごく冷えを感じるようなこともあり、それが自分の母親が経験してきた症状と同じだと気が付いた時、ああ自分も更年期障害なんだと悟って不思議なのですが気持ちが楽になったのです。

 

もちろん、まだ若いつもりでいたので、更年期障害になったのはショックでした。

 

このまま生理が終わってしまうのは「女性」でなくなってしまうようで悲しい気持ちもありました。

 

でも、体の不調が更年期障害特有の物であれば、時期が来れば自然と収まるだろうし、イライラした時は
「更年期障害なんだから仕方がないんだよ」と開き直って深呼吸し、ワッと怒りをぶちまけた後はケロッとできるようになりました。

 

気持ちが前向きな主婦

 

女性ホルモンと同じような働きをすると言う事で、イソフラボンのサプリも飲んでみましたが、私の場合、生理が重くなりリズムもおかしくなったので止めました。

 

今は一番ひどかった時よりもうんと楽になり、生理もほとんど来なくなりましたが、精神的には落ち着いています。

 

自分の体の変化に「こんなはずじゃない、こんなのは嫌だ」といつまでも思っていると、かえって辛くなるので、「まあこんなもんなんだよ」と受け入れるのが良いのかもしれません。

 

元気なおばさん

神経質な人ほど更年期障害が重くなると聞いたこともありますし、時期が過ぎればそのうち元気なおばさんになれる日が来るので、それまでの辛抱かなと思っています。

更年期障害の体験者( sakurasaku様 50代)


 

元気なおばさんになれる日・・・、いいですね。

私もホントに、「おばさん」を受け入れなきゃいけない年齢になって悲しいですが、受け入れちゃえばラクというのはありますね!

 

 



⇒トップページへ

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ