更年期障害(抜け毛、肌荒れ、多汗)体験談-91

更年期障害(抜け毛、肌荒れ、多汗)を体験された方にお話しを伺いました。


 

30代後半から急に抜け毛が増えて、円形脱毛状態になりました。

 

医師の診断ではストレスとの事でしたが、その自覚がなかったのであまり気にしないようにして薬を塗っていました。

 

脱毛部分に毛が生えてきたと思ったら、違う所の脱毛がひどくなるというのを2年ほど繰り返して、やっと最近良くなってきました。

 

今思えばそれが更年期障害の始まりだったのかもしれません。

 

その後女性ホルモンが不足していると出来る、顔のUライン沿いのニキビがどんどん出来るようになりました。

肌荒れ、ニキビを気にするミセス

 

普通の大人にきびならば保湿をしっかりすれば直るのですが、このにきびは保湿しても薬を塗っても直らずそのまま増えていきました。

 

去年の梅雨の時期になると、汗をずいぶんかくようになりました。

 

ただ蒸し暑いだけだと思っていましたが、パンツの色が変わるほど脚全体に汗をかくようになって、真夏日には脱水症状のようになるなど、今までなかった状態に陥りました。

 

ホットフラッシュで汗をかくミセス

 

母親も一時期同じような状態だったので聞くと、それは更年期障害と言われました。

 

母は持病があるので、病院から薬をもらって更年期障害の症状が改善したようですが、体に何の問題もない私には勧められないと教えてくれませんでした。

 

友人に相談すると、病院で処方される女性ホルモン剤は効果はあるけど、太ったり他の症状が出やすのでまずは食材を摂って様子を見ろとアドバイスされました。

 

まずは代表的な大豆を摂る事にしました。

 

調べたら、大豆製品の中でも豆乳が一番効果があるとの事だったので、濃度を自分で調節して効果を更に高めようと自分で豆乳を作りました。

 

毎日大豆100gで作った豆乳400mlを飲んで1ヶ月経つと、胸のハリが出てくるようになり顔のにきびも減りました。

 

しかし汗の多さはそのままなので摂取水分を減らすようにしたのですが、効果はありませんでした。

 

そんな時にインドに住んでいる友人から、メティを勧められました。

 

メティとはフェヌグリークのヒンディ語ですが、向こうでは妊婦や更年期障害のある女性が食べるハーブなんだそうです。

 

豆乳と一緒に摂ると過剰摂取になると言われたので、豆乳は一旦止めました。

 

それから、まず購入したパウダーを小さじ1杯お湯に溶かして毎日飲むようにしました。

 

次の日からトイレの回数が多くなって、体内の老廃物を全部出したのかお腹がへこみむくみが取れました。

 

お腹がスッキリした女性

 

体の余計な水分がなくなった分、汗も抑え気味になってきました。

 

豆乳も効果があったのですが、フェヌグリークの即効性にびっくりしました。

 

今のみ始めてから1年経ちますが、以前と比べると格段に良くなりました。

 

更年期障害の対策のため、これからも続けていこうと思います。

更年期障害 40代50代 (ゼン様 40代)


 

フェヌグリーク、体の中の毒素が排出されるとは、恐るべし!試してみたい!

調べたら、海外のサプリメントでもあるのですね。どれがいいのか迷ってしまいます。

 



⇒トップページへ

 

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ