更年期障害(動悸、のぼせ、発汗、酷い肩こり、鬱)体験談-89

更年期障害(動悸、のぼせ、発汗、酷い肩こり、鬱) を経験された方の体験談です。


 

更年期障害が始まったのは44歳の頃でした。

 

更年期障害なんて数年先だと思っていただけに、かなりショックでした。

 

最初は激しい動悸を覚え、次第にのぼせや発汗、酷い肩こりがするようになりました。

 

酷い肩こりの女性

 

しまいには精神面にも悪影響が出てきました。更年期鬱でした。

 

そのために、会社を2年ほど休職せざるを得ませんでした。

 

更年期外来に通い、メンタル面のケアを受けました。

 

また、漢方薬の加味逍遙散の服用で更年期障害の症状はいくらか軽くなりました

 

しかし、よくなったと思えばまた悪くなるを繰り返し、なかなか職場復帰が出来ませんでした。

 

47歳で完全に閉経し、更年期障害の症状も次第に治まってきました。

 

しかし、急な発汗やのぼせは今だにあります。

 

イソフラボンが女性ホルモンと同じ働きをし、更年期障害にもいいと聞き、豆乳を飲み始めました。

 

そのおかげか、朝スッキリと起きれるようになりました。

 

今は仕事に復帰し、充実した日々を過ごしています。

 

パソコンで仕事をする女性

 

更年期の真っ只中にいる時は、今まで出来ていたことが体の怠さからできなくなり、その度に落ち込むということを繰り返していました。

 

もし更年期外来にかかっていなければ、今も苦しんでいたと思います。

 

メンタル面のケアを含め、医療機関にかかることを私は勧めます。

 

更年期障害の症状には個人差もあると思いますが、会社勤めの人は無理をせずに、休める時は休むという選択をする勇気も必要だと思います。

 

更年期障害の症状が酷い時は寝込みがちになってしまいますが、体調の良い時はなるべく外に出て、ウォーキングをすることをお勧めします。

 

ストレスの解消にもなりますし、体を動かすことにより症状もいくらか軽くなります。

 

軽くはなっているとはいえ、私の更年期障害はまだ終わっていません。

 

体調に気を付けながら、毎日を過ごしていこうと思います。

更年期障害の体験者 (マミー様 40代)


 

職場復帰おめでとうございます!

ホルモンの乱れが生み出す、様々な変化・・・。

女性ってホント大変ですが、それに負けずに頑張りましょう。

 

サプリの詳細ページへ

 

サプリの商品ページへ

 

⇒トップページへ

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ