更年期障害(生理不順、睡眠障害、動悸、不安感)体験談-80

更年期障害(睡眠障害、頭痛、動悸)を克服された方の体験談です。


 

私の更年期障害は、49歳ごろに始まり、約2年間ほど続きました。

 

当時、出張も多いフルタイム勤務で、ストレスも強い毎日でした。

 

生理不順もありましたが、最も大きな症状は「睡眠障害」でした。

 

疲れているため寝つきはよいのですが、大体夜中の2時ごろに目覚め、明け方まで眠れない症状が週に何度も起こりました。

 

睡眠障害の女性

 

特に眠りの浅い夜の翌日は頭痛がひどく、通勤電車の中では強い動悸不安感もありました。

 

そこで、近所で有名な婦人科の更年期外来(女医さん)に行き、血液検査などをしてもらいました。

 

結果、女性ホルモンが低下してきており、ホルモン療法を勧められると同時に、2週間分の睡眠薬を処方されました。

 

薬の名前は忘れてしまったのですが、これが良く効き、そのときは回復したかと思ったのですが、やはり薬が切れると元の状態に。

 

睡眠薬

ガンのリスクもあるという、ホルモン療法をしなければいけないかと悩んでいたとき、たまたま出合ったのが、それまでも通っていたフィットネスクラブのヨガ教室でした。

 

ある土曜日、何となくレッスンに参加したのですが、先生との相性がよかったのか、1時間のレッスンのあと、その夜はぐっすりと眠れたのです。

 

ヨガにも流派があるようですが、私の先生は東洋医学をベースにしたヨガ。

 

難しすぎるポーズもなく、ひとつのポーズに必要な体のウォーミングアップがきちんと理にかなっていると思いました。
ヨガをする女性
たまたま同い年だった先生(こちらも女性です)とも気が合い、週に1,2回通ううちに半年ほどで更年期障害から抜けていました

 

ちなみに、ヨガの先生は、更年期傷害がなかったとのことです。

 

ヨガは今ももちろん続けていますが、あらためて考えると呼吸法とリラックス法を体得したことが、
睡眠障害脱出のキモだったと思います。

 

加えて、体の柔軟性も高まり(今はY字バランスも楽々できます)、心肺機能も上がり、筋肉もつきました。

 

また、日常は着られないようなカラー・デザインのウェアも、ヨガでなら着ることができることもプラスαのベネフィットです。

 

更年期障害にお悩みの方に、ぜひお勧めしたいです。

更年期障害の体験者(くるみ様 50代)


 

なるほど、呼吸法とリラックス法が自律神経の乱れに効果があって、更年期障害の改善に繋がったのですね。

時間に余裕ができたら、是非トライしたいです。

 

サプリの詳細ページへ



サプリの詳細ページへ

⇒トップページへ

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ