更年期障害(不眠、情緒不安定、気分の落ち込み)体験談-79 

更年期障害(不眠、情緒不安定、気分の落ち込み)体験談です。更年期障害を悪化させない秘訣をお聞きしました。


 

もともと出産経験がないため、更年期障害に対する準備は早めにしようと思っており、40歳をめどに養命酒、命の母、漢方のどれかを選択することは決めていました。

 

40歳を過ぎた頃には特に体調の変化はなく、生理も順調だったのでしばらくは安心かなと思っていましたが、42歳の時、ある日突然に生理が10日間も遅れました。

 

その間、不眠と急に泣き出す情緒不安定、ジェットコースターのような激しい気分の落ち込みに陥り、
自分でもコントロールができなくて恐怖感を覚えました。

 

更年期で情緒不安定な女性

 

一時的とはいえプチ更年期障害ともいえる症状があからさまにでたので、すぐに命の母を購入して飲み始めました。

 

養命酒は候補から消えていました。更年期障害のレベルではないと思ったからです。

 

錠剤を1回4粒×3回服用ですが、1日2回服用に抑えつつ服用を開始しました。

 

完全に更年期障害がスタートしたというよりも、その前段階に状態だったので、体を慣らす意味でも2か月ほど続け、3か月目から1日3回の服用にしました。

 

半年近くして、だいぶ体が軽いことを実感しました。

 

効果が出るまでにそれほどかかった、というよりも、飲み始めてからいろいろと症状が出ていたけれども、服用していたので悪化しないで済んだという感じです。

更年期の薬を飲む主婦

きっと、飲まないでいたらもっと体調が悪くなっているのだろうな、多少気分の落ち込みもあったものの、それほどまでではなかったのは幸いでした。

 

早い段階から服用を始めたおかげで、大きな体調の変化がないまま現在に至っています。

 

今は命の母だけですが、年齢的に老眼や体力低下の症状も出てきますから、更年期障害以外のサプリメントも服用しなければなりません。

 

実際にビルベリーを服用していますが、体力の低下が著しいのでセサミンを考えている状態です。

 

何種類ものサプリメントを服用しなければならない状態になりつつあるので、更年期障害対策だけは早めにしておくほうがよいです。

 

私の場合、早めの対策が功を奏しているので、老眼対策なども考える余裕がありますが、それでも時々は軽い気分の落ち込みを感じるので、これが対策していなかったらと思うと正直、本当に怖いです。

 

また、サプリメントはすぐに効果が出ません。

 

効果が出ないから他のサプリメントに替えて、また他のサプリメントにという悪循環は避けましょう。

 

3ヶ月は飲み続けることが大切だと思います。

更年期障害の体験者(オーキッド様 40代)


 

少しでも更年期障害を疑ったら、早めに対策を打つのが得策ですね!

⇒トップページへ

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ