更年期障害に良いとされる白井田七の、驚くべき効果ー【痛風 の巻】

痛風とは・・・

痛風は、名前のとおり「風に吹かれたぐらいでも痛みが出て、その痛さと言ったらとんでもな痛さ」ということで知られていますね。

 

中年男性が痛風になってしまうイメージですが、近年では中年男性のみならず、比較的若い世代の男性や、また女性にも痛風の悩みが広がってきています。

 

痛風は、血液中で尿酸が結晶化して発症する病気です。

 

痛風の原因‐1 プリン体

痛風は、生活習慣に大変深いかかわりのある病気です。

 

日ごろから肥満傾向や飲酒習慣がある人、特に中年男性に非常に多く発症が見られます。

 

食べすぎによりプリン体が過剰に摂取されると、尿酸の増加とともに尿酸が排出されにくくなります。

 

またアルコールも同様に、尿酸を増やすと同時に排出を滞らせるという現象を引き起こします。

 

酒類の中でも特に注意が必要なのがビールです。
ビールには特に多量のプリン体が含まれています。

 

プリン体を多く含むビール

 

痛風の原因‐2 食べ過ぎ・飲みすぎ・ストレス

さらに精神的な要因も痛風に作用することがあります。

 

ストレスが溜まりやすい人は尿酸が増加してしまいます。しかもストレスにより、尿酸の排出は押さえられてしまうのです。

 

先天性であるなどその他の原因もありますが、痛風の原因の大半は食べ過ぎ・飲みすぎ・ストレスです

 

飲みすぎ食べすぎの中年女性

 

痛風の症状で辛いのは・・・

痛風の症状でもっとも多いのが足の親指の痛みです。大抵は痛みのある箇所に赤みが出て熱くなります。

 

痛風になると、痛みの発作が数日続いて消えては再度発作が現れるという症状に苦しむことになります。

 

痛風の発作というのは回数を重ねるごとに痛みが強くなっていき、間隔も短くなることが多いです。

 

痛風の症状が現れるのは、足の親指のほかにも手足首や関節、甲や付け根などさまざまです。

 

症状が出ても放置しておくと、日常生活にも支障を来たすほどの痛みに見舞われることになります。

 

食生活を改善している例

 

痛風の改善方法は・・・?

痛風の改善方法としては、早めに医師の診察を受けて、適切な指導のもとに生活習慣を見直すことです。

 

まず痛風の大敵であるプリン体やカロリーの多い食べ物を減らし、野菜中心の栄養バランスが取れた食生活を習慣化することになります。

 

そしてアルコール摂取量を減らすことを余儀なくされます。

 

普段からできる対策としては、尿酸を溜め込まないようにこまめにトイレに行く習慣をつけると良いでしょう。

 

適度な運動とストレス解消を心がけることもポイントです。

 

その他に対策をするのでしたら、サポニンが高麗人参の16倍もあるという「白井田七人参」でできているサプリメント「白井田七」がおススメ!

 

更年期障害の改善に加えて、
痛風やいろいろな数値にもこれがイイ!と評判です。

↓ ↓ ↓

更年期障害のサプリメント

 
⇒トップページへ

 

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ