更年期障害(めまい、肩こり、ホットフラッシュ、多汗、冷え症、便秘)体験談-55

更年期障害(めまい、肩こり、ホットフラッシュ、多汗、冷え症、便秘)を体験された方にお話しを伺いました。


 

本格的に更年期障害があらわれたのは43歳くらいでしょうか。

 

それまでにもめまいがしてまっすぐ歩けなくなったり、肩こりがひどくて眠れなくなるなどのプレ更年期障害があったのですが、まだ若かったので更年期障害とは気づかず疲れのせいだと思っていました。

 

肩こりが辛い女性

 

更年期障害を自覚したのはホットフラッシュですね。

 

いきなり体がかっと熱くなって、脇下や背中などに汗がどっと出てきます。

 

今まで体験した事がない症状で、1回体験すればこれがホットフラッシュなんだ、更年期になったんだ
という事がわかります。

 

幸い顔には汗がでなかったので、さほど生活に支障がなかったのですが、熱くて顔が赤くなるようで、それは人に指摘されていました。

 

年長の友人に聞いてみたところ、50歳を過ぎれば徐々に治まるという事でした。

 

どうして不調が起こるのか調べてみると、女性ホルモンを作る機能が衰えるのに、脳がホルモンを作れという指令を出し続けるので、そのうち脳が疲労して自律神経が乱れてくるのだとか。

 

汗が出るのもめまいがするのも、肩こり冷え性便秘など、全て自律神経が乱れているからだったんですね。

便秘で悩む主婦

それ以来、体の中で女性ホルモンの代わりをしてくれるイソフラボンを毎日取るようにしたり、できるだけリラックス出来るようにアロマオイルを使ったりしていました。

 

でも一番効果があったのが、仕事を辞めたことだった気がします。

 

ストレスが一気に減って不調を感じることが減りました。

 

今でもまだホットフラッシュがありますが、回数が減って楽になりました。

 

更年期障害の体験者(リラさん 50代)


 

ストレスは、更年期障害にも悪影響なのですね。

イヤだなと思う事を辞めたことで、体調が良くなった話は良く聞きますからね。

上手にストレス解消していきましょう。


サプリの詳細ページへ

 

⇒トップページへ

 

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ