白井田七で対策・更年期世代に気をつけたい「動脈硬化」

動脈硬化とは

動脈硬化とは、簡単に言えば、動脈が老化して固くなり、しなやかさが失われた状態のことです。

 

それにより血管が詰まったり血管の中が狭くなり、栄養や酸素が十分にいきわたらなくなるほか、血管がもろく破れやすくなります。

 

このことが脳梗塞や心筋梗塞など様々な病気を引き起こすこともあるので、更年期世代の私たちは、特に気をつけたい状態です。

 

更年期症状があらわれている主婦

 

自覚症状はなく日常生活に支障はないものの、動脈硬化は命に係わる危険がある症状だということです。

 

動脈硬化が引き起こす症状として、心肥大、狭心症、心筋梗塞 脳梗塞、脳出血、くも膜下出血 大動脈瘤 腎硬化、委縮腎、尿毒症、手足のしびれ、冷えなどがあります。

 

動脈硬化の原因

動脈硬化の原因は一つではなく、様々な要因が重なり合って起こると考えられています。

 

例えば、ストレス、高脂血症、高血圧、喫煙、肥満、糖尿病、老化、アルコールやコーヒー等の嗜好品など。

 

また、女性より男性の方がリスクが高いということもわかっています。

 

特に、高脂血症、喫煙、高血圧は三大危険因子と呼ばれており、この3つには特に注意が必要です。

 

今挙げた3つの危険因子がどのようなものか、また、どうして動脈硬化を引き起こすのか、簡単にみていきましょう。

 

高脂血症

高脂血症とは、血液中の中性脂肪及び悪玉コレステロール値が高い状態を指します。

 

直接的に動脈硬化につながる原因は悪玉コレステロール

 

悪玉コレステロールは血管の壁に付着して血管を固くし、動脈硬化を促します。

 

 

中性脂肪は直接的な動脈硬化の要因ではありませんが、中性脂肪が増えることで悪玉コレステロールの増加を招きます。

 

また、善玉コレステロール値が低すぎても悪玉コレステロールが増える原因になるため、これも動脈硬化の原因と考えられています。

 

喫煙

喫煙により血液が収縮すること、喫煙することで増えた活性酸素が悪玉コレステロールの増加につながることが動脈硬化の原因につながると考えられています。

 

高血圧

血圧が高い状態が続くことで血管い傷がつき、悪玉コレステロールが付着しやすくなると考えられています。

 

動脈硬化の予防法

動脈硬化を予防するには、上記のような原因をできる限り取り除いてやることです。

 

例えば適度な運動は血流を良くし、高脂血症や高血圧の予防にもいいとされています。

 

軽い運動をする主婦

 

血液をサラサラにすると言われている、納豆、青魚、生野菜などを積極的にとるのも良いでしょう。

 

また、ストレスも動脈硬化の原因だと言われているので、自分なりの気分転換法を見つけたりすることも必要です。

 

これらの積極的な方法を取らなくても、喫煙を控える、コーヒーやアルコールを控える、日々の食事のバランスを考えるなど、いわゆる「バランスの良い、健康的」だと思われる生活を意識するだけでも 随分と予防になるはずです。

 

それでも改善しないときは、きちんと病院にかかって治療をすることが必要です。

 

【白井田七】という漢方サプリメントで、動脈硬化が改善されたという報告が多数あるそうですので、
上手に活用していかれると良いかと思います。

 

「白井田七」サプリメント

 

動脈硬化にも良いと評判の白井田七の詳細はこちら
↓ ↓ ↓

905703238

 

こちらの記事も合わせてどうぞ

⇒ 白井田七で対策・更年期に注意したい「高血圧」
⇒ 白井田七で対策・更年期で併発しやすい病気-糖尿病
⇒ 白井田七をもっと詳しく

⇒ トップページへ

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ