更年期障害(プレ更年期、多汗)体験談-㉚

更年期障害(プレ更年期、多汗)を克服された方に体験談をお聞きしました。


 

プレ更年期のような症状があったのは長男出産後、二男を生むまでの4年間で30代に入ってからすぐでした。

 

夏の暑い日に、ともかく首から下が寒くて仕方がないのに、顔に滝のように汗が流れました。

 

当時これがプレ更年期、つまり女性ホルモンの仕業だとは分からず、ずっと耐えるばかりで、何も対策ができませんでした。

 

 疲れている女性

 

40代後半から本格的な更年期がやってきました。私が一番悩んだのは多汗です。

 

気温のさほど高くないときでも、ちょっとうごくと額から滝のような汗が流れてきました。

 

また汗をかいて人に不快な思いをさせるのではないかと、人に会うときには緊張するようになり、それに拍車がかかったような感じでした。

 

たいがいは「更年期でこうなのよ」というと人は納得するので、それでしばらくしのいでいましたが、朝、それまでは汗をかいていなかったのに起き上がると同時に額からどっと噴き出すようになり、耐えきれず婦人科でパッチ剤を処方してもらいました。

 

緊張性の汗かきでもあったらしく、人に会う時にかく汗には効きませんでしたが、何もしていないのに突然かく汗には有効でした。

 

パッチ剤を処方してもらっていた婦人科の先生が、同じような年代の女性の先生で、良く話を聞いてくれたのも大きかったと思います。

 

母などに相談しても「誰でも通る道だから、我慢するとそのうち治るよ」みたいないいかたをせず、そのときの辛さをきちんと聞いてくれたのが 緊張感をほぐしてくれたように思います。

 

更年期障害の体験者(邦江さま 50代前半)


 
きちんと話を聞いてもらえたのが、心の安心に繋がったのですね。 大事ですよね。

 

サプリの詳細ページへ

 

サプリの詳細ページへ

 

⇒トップページへ

 

 

 

 

 

 

合わせて読みたい記事:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ